広告審査ソリューション

広告審査業務の効率化

「KIBIT 広告審査ソリューション」は、広告や商品紹介、キャンペーン案内等の中から、景品表示法、薬機法、金融商品取引法などの法令や、社内規定に抵触する恐れのある不適切な表現や画像を検出し、 審査業務の効率化や広告・販促物の品質向上を支援します。

求められる“広告審査”の強化

広告や販促物等に掲載する商品・サービスの内容や取引条件は、虚偽や消費者に誤解を与える表現を含まず、適切な内容であることが必要です。 近年、消費者庁は不当表示に対する監視を強めており、摘発や課徴金納付命令が行われるケースも増えています。
企業は、コンプライアンスやレピュテーションリスク、また、摘発による信頼や売上の低下を防ぐため、 商品・サービスの実態や法令に照らしてきめ細やかにチェックするなどの対応策強化が必要です。




このような課題はありませんか?

広告審査業務の強化・効率化に向けて、このような課題をお持ちではありませんか?

● リーガルチェックを円滑に行うシステムや体制が整備できていない
● ルールやチェック観点が多岐にわたり、的確で漏れのない審査が難しい
● 商品表示や広告出稿件数が非常に多く、全件チェックができない/時間が足りない

FRONTEOのコンサルティング・AI技術を活用すれば、解決が可能です。

「KIBIT 広告審査ソリューション」概要

課題解決コンサルティングと、「KIBIT×ルールベース×他のAIソリューション」の組み合わせによる、お客様のニーズに合わせたオーダーメイド型アルゴリズムの設計と実装により、 広告の全件チェック・審査業務の効率化をサポートします。




運用イメージ

システムでの管理・判定を行うことで、審査業務担当者様の業務量を軽減しつつ、業務のスピードアップや全件チェック体制の構築、販促物のより一層の品質向上を支援します。









「KIBIT 広告審査ソリューション」は、KIBITを核とした自然言語処理技術にとどまらず、お客様の多様なニーズに応える機械学習技術を選定・活用し、広告審査業務の効率化・高度化を実現します。

関連資料ダウンロード

Knowledge Probe 20 フライヤー

人工知能によるビジネスデータ分析支援システム。お客様の暗黙知を学んだ人工知能がコミュニケーションデータを分析し、ビジネス機会の創出とリスク回避を支援。

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-6375

株式会社FRONTEO ビジネスソリューション本部