ハラスメント検知

AIによるメール監査で、各種ハラスメントの
早期発見を支援

水面下で行われ、正確な発生状況がつかみにくい各種ハラスメントの早期発見、早期解決を支援します。

ハラスメントの監視・対応策強化は喫緊の経営課題に

パワハラ・セクハラをはじめとする各種ハラスメントに対する世間の関心は非常に高い状態が続いています。2019年には、適切なパワハラ防止策を義務付ける労働施策総合推進法の改正案が成立し、企業の対応義務が明確化されました。







ハラスメント検知における課題

・人によって、範囲や定義などの基準にバラつきがある
・周囲に言い出しにくく、表面化しない場合も多い
・相談者や目撃者、加害者など全ての関係者へのプライバシー配慮も必要

ソリューション概要

企業にリスクや損失をもたらすハラスメントの早期発見を支援

ハラスメントリスクを含む文章の特徴を学習したAIが、大量のメールの中からリスクの高いものを抽出することで、網羅的なチェック、業務工数を削減し、早期の社員フォローや対策を可能にします。









特徴

・ハラスメントナレッジベースを活用することにより、過去に起こったケース例やサンプルデータがない場合や、専門知識をお持ちでない場合もすぐに監査開始が可能です

・メールの送受信者や日時・件名だけでなく、本文やテキスト抽出可能な添付ファイルを網羅的に監査します

KIBIT for HRM ―人事領域の課題解決―

FRONTEOは、エントリーシート、目標管理の上司/本人コメント、自己申告、育成計画、研修のワークシート、意識調査など、人事部門に集まるテキストデータを有効活用し、採用―評価―配置―人材開発―組織開発―労務管理のHR各領域における課題解決を支援します。

関連資料ダウンロード

KIBIT Communication Meter フライヤー

人工知能によるメール&チャット監査システム。監査官の調査手法を学習した人工知能が要監査データを検出し、内在するリスクを可視化。

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-6375

株式会社FRONTEO ビジネスソリューション本部