社内ヘルプデスク業務の効率化

社内ヘルプデスク業務の効率化

社内の他部署・他部門からの問い合わせ対応業務を効率化し、働き方改革を支援。KIBITによるQ&Aシステムにより、定常的に発生する社内問い合わせ対応を効率化します

「よくある質問への対応」に時間を取られ、本来業務が進まない

働き方改革で中心的な役割を担うことが多い人事・労務や総務部門。しかし、新たなルールや手続きの周知、社内からの問い合わせ対応など、日々寄せられる質問への対応に追われることも多く、本来業務や業務改善はどうしても後回しになりがちです。







問い合わせ対応業務に関する課題

・いつも同じような質問を受け、対応に時間がかかる(勤怠や休暇をはじめとする社内ルールや申請方法、オフィスの設備や備品の管理・使用方法など)
・問い合わせ履歴を蓄積しているが、活用できていない/最新情報が反映できていない
・FAQシステムは用意したものの、キーワード検索だと求める回答が見つけにくい

ソリューション概要

質問への対応工数削減や、情報の資産化を支援

テキスト解析に強みを持つKIBITにより、質問文の意図を読み取り、求める回答を迅速提示することで、問い合わせ対応業務の効率化、情報の有効活用を支援します。









KIBIT for HRM ―人事領域の課題解決―

FRONTEOは、エントリーシート、目標管理の上司/本人コメント、自己申告、育成計画、研修のワークシート、意識調査など、人事部門に集まるテキストデータを有効活用し、採用―評価―配置―人材開発―組織開発―労務管理のHR各領域における課題解決を支援します。

関連資料ダウンロード

Find Answer 19 フライヤー

人工知能によるQ&Aシステム。自然な文章から質問の意図を読み取り、求める回答を高精度かつ迅速に提示し、問い合わせ対応業務を大幅に効率化。

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-6375

株式会社FRONTEO ビジネスソリューション本部