MRの日報/週報審査ソリューション

MRの日報/週報審査ソリューション

「KIBIT MRの日報/週報審査ソリューション」は、MRの日報・週報から「不適切」とされる可能性の高い情報・表現を検知。
ガイドライン対応のための、モニタリングや審査業務の強化・効率化をサポートします。

求められる“MRが行う情報提供活動”の審査強化

厚生労働省の「医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン」が2019年4月に適用され、「業務記録の作成・保管」、「評価への反映」、「販売情報提供活動やプロモーション資材の適正性をモニタリングする 監督部門設置(10月から適用)」など、監督指導や体制のさらなる強化が求められるようになりました。
特にMRの営業日報/週報の管理においては、膨大なデータのモニタリングが必要となるため、対応工数や体制の確保は 大きな課題となっています。


このような課題はありませんか?

– 審査範囲・ボリュームが多く、多大な工数がかかる
– 審査ルールや体制、フローが整備できていない

「KIBIT MRの日報/週報審査ソリューション」概要

テキスト解析に強みを持つ人工知能エンジンKIBITで、日報・週報の審査業務を支援します。





解析イメージ

検出したい観点(解析軸)を設定し、KIBITで解析。教師データと類似する(=不適切な表現を含む可能性が高いもの)は、高スコアで表示されます。





● 事前に学習させた教師データ(関連あり)との類似度をスコアで表示
● スコアは、観点(解析軸)ごとに確認が可能
● 要注意部分のハイライト表示が可能

導入のステップ

下記をベースに、お客様ごとに最適な導入ステップをご案内いたします。



KIBITビジネスソリューションの強み

コミュニケーションデータ解析やリスク検知をはじめとする多数の実績を活かし、最適なプランをご提案いたします。



貴社に合わせた活用案の策定

貴社の業務や課題をヒアリングした上で、最適なルール、判断の枠組みを設定します。




言語解析市場 シェアNo.1* 人工知能KIBITを活用

KIBITはさまざまな領域で、重要データの発見・抽出にご活用いただき実績をあげています。キーワードでは見つけにくい重要データの発見に効果的です。
*出典:ITR「ITR Market View AI市場 2018」言語解析市場:ベンダー別売上金額シェア 2017年度




スピーディーな運用開始・確認が可能

教師データ(不適切な表現例)は少量でも、精度の高い解析が可能です。また、結果(教師データとの関連度)はスコア表示されるため、確認すべき記録の抽出も容易です。

関連資料ダウンロード

MR・MSの日報/週報審査ソリューション

Knowledge Probe 20 フライヤー

人工知能によるビジネスデータ分析支援システム。お客様の暗黙知を学んだ人工知能がコミュニケーションデータを分析し、ビジネス機会の創出とリスク回避を支援。

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-6375

株式会社FRONTEO ビジネスソリューション本部