人工知能KIBITで過去の労働災害データを有効活用

蓄積された過去の労働災害・リスクデータを未来の災害防止に役立てます。AIに過去事例を学習させることで日々の注意喚起の形骸化を防ぎ、具体的なイメージをもってリスク対策をすることを可能にします。

危険予知・事故防止における課題

災害のリスクは、職種や作業内容によって多岐に渡ります。報告書を蓄積するだけで知見や経験が生かせず、担当者によって危険予知活動やリスク管理の精度に差が出たり、注意喚起が形骸化してしまっていることも多いのではないでしょうか。

事例や経験の有効活用

過去の事故情報は保管しているが、有効活用できていない。また、組織知として共有されていない。

本質的かつ均質な安全教育

担当者の経験値によって安全教育にムラがあり、安全管理の質が均一ではない。また、毎日似たような注意が続くなど、注意喚起のための朝礼や会議が形骸化している。

FRONTEOのAI技術を活用することで、
より効果的な危険予知・注意喚起活動が可能です

対象製品

兆KIBIT

入力された作業情報を元に、事前に学習させた過去の事故データから関連の高い事例を提示することで、リスク管理の高度化・効率化を支援する危険予知システム

詳しく見る

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-6375

株式会社FRONTEO