お客様とのコミュニケーション履歴から、
コンプライアンス違反のリスクを検知

日報などの営業レポートや顧客とのコミュニケーションの内容などを解析し、コンプライアンス違反の危険のあるやり取りをピックアップ。膨大な工数が必要とされるモニタリング業務を、大幅に効率化します。

営業活動のモニタリング効率化

あらゆる業界で求められる企業コンプライアンス。特に金融機関や製薬企業では、日頃の営業活動や提供資料等に不適切な内容や不備がないか、法令や社内規定に基づきモニタリングを行うなど、多くの労力が必要とされています。

このような課題はありませんか?

FRONTEOのAI技術を活用することで、
網羅的・効率的なモニタリングが可能です

全てのコミュニケーションデータから、
リスクの高い情報を抽出

多忙で全てを詳細まで読み込むことが難しい管理・監督者に代わり、人工知能KIBITがお客様とのメールや日報などを瞬時に分析。全ての記録の中から、不備やコンプライアンス違反の可能性が高い記録を抽出し、重点的に確認することが可能になります。

運用イメージ

過去のコンプライアンス違反事例やサンプルを教師データとしてKIBITに学習させた上で、メールや日報などのコミュニケーションデータを解析。結果は、教師データと関連性の高い順にスコアリングされているため、リスクの高いものから効率的にチェックすることが可能です。

本ソリューションの導入事例

株式会社横浜銀行

細かな解釈を必要とする複雑なテキストチェックを、KIBITで代替
1日1,000件作成される応接記録のコンプライアンスチェックを効率化

株式会社イオン銀行

AI×RPAの導入で面談記録のモニタリング作業を約80%削減

対象製品

Knowledge Probe

膨大なテキストデータの中から見つけたい情報を仕分け・抽出し、ビジネス機会の創出、リスク回避を支援するビジネスデータ分析支援システム

詳しく見る

 

Communication Meter

効果的なコンプライアンス体制の構築や、不正の再発防止・早期発見に貢献するメール&チャット監査システム

詳しく見る

 

関連資料ダウンロード

Knowledge Probe 20 フライヤー

人工知能(AI)によるビジネスデータ分析支援システム。お客様の暗黙知を学んだ人工知能(AI)がコミュニケーションデータを分析し、ビジネス機会の創出とリスク回避を支援。

資料ダウンロード

KIBIT Communication Meter フライヤー

人工知能(AI)によるメール&チャット監査システム。監査官の調査手法を学習した人工知能(AI)が要監査データを検出し、内在するリスクを可視化。

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-6375

株式会社FRONTEO