会社の未来を創る優秀人材の退職リスクを見逃さない

テキスト解析に特化し、少量の教師データでも高精度の解析が可能な人工知能エンジンKIBITは、面談記録、人事評価コメントなど、これまで活用できていなかった人事データを活用したHR領域の課題解決でも実績をあげています。

HR領域でも活用が進むAI活用

優秀な人材の確保、慢性的な人材不足、人材の多様化などへの対応が求められる中、人事部門が抱える課題は多様化し、難易度も高まるばかりです。そんな中、優秀な社員のリテンション、メンタルケアやサポートへの対策として、人工知能(AI)やHRtechツールの活用が注目されています。

このような課題はありませんか?

FRONTEOのAI技術により、人事部門に集まるテキストデータを有効活用し
課題解決に役立てることが可能です

ソリューション概要

日常のコミュニケーションだけでは捉えきれない、不安や不満、退職兆候を、人事が保有するテキストデータの解析により早期発見します。

KIBIT for HRM ―人事領域の課題解決―

FRONTEOは、エントリーシート、目標管理の上司/本人コメント、自己申告、育成計画、研修のワークシート、意識調査など、人事部門に集まるテキストデータを有効活用し、採用―評価―配置―人材開発―組織開発―労務管理のHR各領域における課題解決を支援します。

本ソリューションの導入事例

株式会社ソラスト

AIが「退職リスクが高い」と判断した新入社員への追加フォローで、離職率が大幅に減少

株式会社リタリコ

障害者向け就労支援で人工知能(AI)を活用したワークフローを導入。病状悪化につながる予兆を発見し、重篤化(じゅうとくか)を回避

対象製品

Knowledge Probe

膨大なテキストデータの中から見つけたい情報を仕分け・抽出し、ビジネス機会の創出、リスク回避を支援するビジネスデータ分析支援システム

詳しく見る

 

Communication Meter

効果的なコンプライアンス体制の構築や、不正の再発防止・早期発見に貢献するメール&チャット監査システム

詳しく見る

 

関連資料ダウンロード

Knowledge Probe 20 フライヤー

人工知能(AI)によるビジネスデータ分析支援システム。お客様の暗黙知を学んだ人工知能(AI)がコミュニケーションデータを分析し、ビジネス機会の創出とリスク回避を支援。

資料ダウンロード

KIBIT Communication Meter フライヤー

人工知能(AI)によるメール&チャット監査システム。監査官の調査手法を学習した人工知能(AI)が要監査データを検出し、内在するリスクを可視化。

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-6375

株式会社FRONTEO