建設業界とAI

建設業はノウハウのテンプレート化が難しい上に属人化にも陥りやすく、誰でもスキルを身に着ければ効率的に業務を進められる環境でないことが多いのが現状です。多重請負構造であるがゆえに情報がさまざまな場所で共有され客観的に把握しにくく、人の力でしかこなせない業務も多いため人材不足の問題も抱えています。

AIを導入することで単純作業の自動化を行い、人材不足の解消につなげることができます。さらに、安全性を向上させるための手段としても活用することができるため、より働きやすい環境の実現も可能です。また、現場作業を少数体制または無人化するためにAIやロボットに作業を任せるという使い方も将来的には可能になってくるでしょう。

AIが建設業に与える影響

人工知能KIBIT導入で何ができるのか?

共通・その他

様々な業務において課題を解決し業務効率化を実現するソリューション

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-6375

株式会社FRONTEO