建設業向けソリューション

        

建設業界とAI

建設業はノウハウのテンプレート化が難しい上に属人化にも陥りやすく、誰でもスキルを身に着ければ効率的に業務を進められる環境でないことが多いのが現状です。多重請負構造であるがゆえに情報がさまざまな場所で共有され客観的に把握しにくく、人の力でしかこなせない業務も多いため人材不足の問題も抱えています。

AIを導入することで単純作業の自動化を行い、人材不足の解消につなげることができます。さらに、安全性を向上させるための手段としても活用することができるため、より働きやすい環境の実現も可能です。また、現場作業を少数体制または無人化するためにAIやロボットに作業を任せるという使い方も将来的には可能になってくるでしょう。

人工知能KIBIT導入で何ができるのか?

危険予知

蓄積された過去の労働災害・リスクデータを未来の災害防止に役立てます。AIに過去事例を学習させることで日々の注意喚起の形骸化を防ぎ、具体的なイメージをもってリスク対策をすることを可能にします。

技能伝承

蓄積された報告書・対応履歴などの膨大な文書の中から、必要な情報を抽出。社内に埋もれたノウハウ・ナレッジの活用を促進することで、情報探索や問い合わせ対応業務の効率化や、組織全体の知識・スキルの向上を支援します。

AI活用業務アセスメント

AIを活用した業務の高度化・効率化を考えてはいるものの、どの業務領域から始めるべきかや投資対効果がどの程度かがわからず、なかなか検討が進まない企業様も多いのではないでしょうか。当社では専門コンサルタントがメリット・費用対効果を最大にするAI活用法をご提案させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。

共通・その他

様々な業務において課題を解決し業務効率化を実現するソリューション

詳細を見る

危険予知

詳細を見る

技能伝承

詳細を見る

AI活用業務アセスメント

詳細を見る

営業対応のコンプライアンスチェック

詳細を見る

受注機会、失注リスクの抽出

詳細を見る

お客様の声の分析・活用

詳細を見る

市場・競合調査

詳細を見る

特許調査・知財戦略

詳細を見る

離職の予兆検知

詳細を見る

採用の精度向上

詳細を見る

ハラスメント検知

詳細を見る

ナレッジ活用

詳細を見る

ヘルプデスク対応

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-6375

株式会社FRONTEO ビジネスソリューション本部